妊娠の兆候・症状、妊娠初期から出産までに知っておきたいこと。
「妊娠・出産」のここカラダ〜はじめての妊娠でも大丈夫。出産までに知っておきたいことAtoZ
 

出産ストーリー

穴井夕子さん「子育て」

3回連載でお届けした穴井夕子さんの妊娠・出産ストーリー。最終回は、子育て奮闘記です。不妊治療の末に、みごと妊娠・出産した穴井さんは、溢れんばかりの愛情を待望の長男、知己くんに注ぎながら子育てをエンジョイしています。

このインタビュー記事は、2006年10月にここカラダ「みんなの出産ストーリー」で掲載されたものです。

◆お話を伺ったのは…  マルチタレント 穴井夕子さん


さかい ひろこさん

1974年大分県生まれ。1990年「東京パフォーマンスドール」に参加し1995年の卒業まで、テレビ、ラジオ、CM、コンサートなどで幅広く活躍。2000年にプロゴルファーの横田真一さんと結婚。2002年には念願の長男知己くんを出産。自らの不妊治療や出産の体験を綴った『命に会いたい〜Baby meets MaMa』(実業之日本社)が話題になり、不妊に悩む女性への温かいメッセージと、子育てに対する真剣な取り組みがテレビ、雑誌などで取り上げられ、30代ミセスのオピニオンリーダー的存在となる。

お腹に向かって「政治の話」を聞かせ、結局おしゃべりな子供になり…

妊娠中、ご主人の横田真一さんがお腹に向かって「政治の話」をしていたそうですが、効果はありましたか?

まだ幼稚園児なので、政治経済に強いかどうかは不明ですが、すっごくよくしゃべる子供です。その意味では、効果があったのかなあ? 何にでも好奇心旺盛で、いろいろなことを質問してくるので、答えるのに困ってしまうぐらい。でも、子供に聞かれてちゃんと答えなくちゃって思うから、しっかり辞書で調べたり、本を読んだりして、親の私たちのほうが、勉強させてもらっています。子供の視点で世の中を見ると不思議なことがいっぱいあることに気づかされる。子育てって、刺激的ですよね。

断乳には、乳首にわさびを塗って大泣き!

ずっと母乳で育てていて、断乳は大変でしたか?

イラスト

知己くん真ん中に家族でパチリッ!
※[ タミフル]
抗インフルエンザ薬。頭痛、発熱、
咳などの症状から、インフルエンザ
にかかったと思われたら2日以内に
投与を開始する。A型、B型のインフ
ルエンザに作用するが、C型には
効果がない。話題の鳥インフルエ
ンザには効果があるといわれている。

1歳半ぐらいのときに、私がインフルエンザにかかってしまい、どうしてもタミフル※ を飲まなくてはならなくなり、それがいいタイミングだったので、思い切って断乳することにしました。私の作戦は、乳首にわさびを塗って「ママのおっぱい、おいしくなくなっちゃった」って思わせること。そうしたら最初は大泣きしてしまいましたが、「かわいそうだなあ」っていう自分の気持ちと葛藤しながら耐えて、息子も泣くだけ泣いたら諦めがついたみたいで、なんとか成功しました。 途中で乳腺炎になったりもしましたが、母乳を続けることができてよかったです。母乳って本当に便利だし、親子の愛情も育まれますよね。我が子を両腕に抱っこしながら、小さな指でおっぱいを押して必死に飲んでいる姿を見るのは、母親として最高の幸せです。

お子さんが病気やけがをしたことは?

今年の春に、自宅で遊んでいて、ちょっと高いところからジャンプしたら口を切ってしまったことがあります。私は出血している息子の姿を見た瞬間に、動けなくなってしまって…。結局救急車を呼んで、救急病院で頭部のレントゲンを撮ったりした後、5針縫いました。子供のけがや病気では、母親が冷静にしていなければいけないのですが、我が子の痛がる姿や出血しているようすを見ると、冷静ではいられませんよね。救急病院には、子供がもっと大きなけがをしているのに冷静なお母さんたちもいて、自分は「母親としての修業が足りない!」って思いました。

歯のフッ素塗布で押さえつけられて初の大泣き!

小児科にはよく行きますか?

イラスト

定期健診とか予防接種以外に、鼻水が出たり、中耳炎になったりするとお世話になります。私も病院は嫌いではないせいか、息子も病院やお医者様に抵抗がなく、注射で泣いたりもしません。まだ幼稚園の集団生活に入ったばかりですが、高熱を出したりもしませんし、わりと安定して元気でいますね。

もう息子さんは歯科医院にも行ったことがある?

ええ。そういえば、この前初めてフッ素塗布※ をしてもらったのですが、その時に大泣きしました。すごく珍しいことなんです。病院に行く前に、「ボク男だから、お医者さんに行っても泣かないよ!」って必ず宣言して、がんばってくれます。でも、初めて歯医者さんの治療室に入って、あの椅子に1人で座って、病院のスタッフの方に押さえつけられた瞬間に、泣き出しちゃって…。私が事前に治療の手順を聞いて、息子に説明しておけば、不安がらずにすんだのに、かわいそうなことをしたなって反省しました。だから帰り際に「今日のことは忘れようね。今度は泣かないで、カッコよく歯医者さんに来れるよね」って勇気づけて、それ以来、泣かなくなりました。

そろそろ弟か妹が欲しいな…

仕事と子育ての両立は大変なのでは?

イラスト

今は自分の仕事よりも、息子のことを最優先に考えています。幼稚園の送り迎えや、行事への参加など、今しかできない楽しいことがいっぱいあるので、その間は全力で子育てに力を注ぎたいです。自然に親しんだり、家族で共同作業をしたりして、小さい頃にいろいろな経験をさせてあげたいし、それを通じて成長する我が子の姿をじっくりと見守っていたいので、そのための努力が大変だとは思いません。

妊娠出産という経験は、穴井さんにとって貴重なものでしたか?

ええ、とても貴重なものです。私自身が精神的にも肉体的にも成長できたし、夫婦の絆も愛情も強くなりました。自分以上に大切な存在である我が子を授かったことで、人間的にすごく成長しました。息子は幼稚園にも慣れて、毎日楽しそうに通園しているので、できれば「そろそろ弟か妹を」って、夫と相談しています。

小児科に行くとき〜賢いお母さんの心得〜 についてお医者さんに聞きました。

◆お話を伺ったのは…   山王病院小児科上席部長 保科清(ほしな・きよし)さん


さかい ひろこさん

子供の視点で行動する小児科医として40年の経験を持ち、赤ちゃんから思春期までの子育ての不安や悩みに的確にアドバイスすることで、多くの患者から信頼が寄せられている。社団法人・日本小児科医会会長。近著に「小児科医のかたる〜子育ち・親育ち」(1,890円・薬事日報社)

母さんの腕次第で病院嫌いも治ります!!

具合が悪い子供を連れて病院に来るのは容易なことではありません。小児科医になるべく迅速かつ正確に、効率よく子供の病状を伝える方法をいくつか紹介します。

注射と病院を脅しに使わないで!

まず病院に行っても泣かない子供に育てるために、日頃から「いたずらすると、病院で注射してもらいますよ」などと脅さないでください。母親のこんな言葉が、病院嫌いの子供をつくりだします。ましてや注射を見ただけで大泣き、絶叫、大暴れされては処置もできません。それからお母さん自身が「注射が嫌い」「病院が嫌い」と言わないように。親が嫌いなものを子供が好きになるわけがありません。たとえ苦手でも、グッと我慢して「ママも我慢するから、一緒に我慢できるよね?」とやさしく励ましてあげてください。

母親の観察メモは大きな手掛かり

診察の順番を待っている間に、子供の症状を時間の流れとともに簡潔にまとめておいてもらえると助かります。「3日前から発熱が続き、食欲もない」と逐一報告された後で、「そういえば、熱が出る前に下痢をしていた」と言われると、医者はまた最初から病気の原因や処置方法を考え直さなければなりません。できれば簡単なメモでもいいので、1週間前ぐらいからの子供のようすを思い出して、気になることを書き留めておいてください。それが大きな手掛かりになるのです。

診察中は子供の心と体をしっかり支えて

それから、診察に入って聴診器を当てるときには、子供をしっかり抱いていてほしいのです。裸の状態で、普段見たこともない白衣の医師が、見たこともないニョロニョロした聴診器で自分を触ってくるのですから、それはそれは不安なはず。子供の気持ちを察してあげてください。それから聴診器を使っている時に、医者に話しかけても、何も聞こえません。話をしたいときは、聴診器を外してからにしてください。

診察室から出た途端に、頭をポコッ!「何で泣くの!」はNG

これが最も多いのですが、診察室から出た途端、お母さんの態度が豹変して、「何で泣くの!」「恥ずかしいじゃない!」などと、頭を叩いたり、罵倒したりするのを見かけます。子供が泣くことに小児科医は慣れていますし、それで大きな支障をきたすわけではないので、具合が悪く、不安がっている子供に向かって、怒ったり罵倒したりしないでください。それがいやな記憶になって、「病院に行くと、ママが怒る」とインプットされてしまうと、ますます病院嫌い、医者嫌いになってしまいます。

構成・文/宇山恵子

(2)穴井夕子さん「妊娠と出産」
この記事に関連する診療科目
病院を探すときは以下の科目を選択してください。
 産婦人科 産科 婦人科
この記事の関連コンテンツ
症状チェック  不妊かも?度チェック
「私の出産ストーリー」トップへもどる
ページの先頭へ
3回連載でお届けした穴井夕子さんの妊娠・出産ストーリー。最終回は、子育て奮闘記です。不妊治療の末に、みごと妊娠・出産した穴井さんは、溢れんばかりの愛情を待望の長男、知己くんに注ぎながら子育てをエンジョイしています。