妊娠の兆候・症状、妊娠初期から出産までに知っておきたいこと。
「妊娠・出産」のここカラダ〜はじめての妊娠でも大丈夫。出産までに知っておきたいことAtoZ
 

妊娠・出産コラム

07.03.08 更新

子宮まわりの筋肉を強化するヨガ 骨盤のバランスを正しくするヨガ

ヨガは産後太りの解消や、産後の体調を整える効果があります。これから紹介するヨガは、出産でゆるんだ子宮を早く収縮させたり、子宮のまわりの筋肉を強化させることにも役立ちます。無理をせず、少しずつからだを動かし始めましょう。

産後太り解消ヨガをやってみよう

腹式呼吸

1.  足を肩幅に開いて立つ。
  2.  おへその下に逆三角形を作るようにして両手を添える。
  3.  鼻からゆっくりと息を吐きながら、おなかをへこませる。
  4.  鼻からゆっくりと息を吸いながら、おなかを大きく膨らませる。
  5.  おなかの張りやへこみを十分意識しながら20回ほどくり返す。

魚のポーズ

1.  仰向けに寝る。
  2.  両肘を床につけて上体を支えながら、頭のてっぺんを床につける。
  3.  両脚を床から浮かせて10秒間キープ。

頭のてっぺんにある、百会(ひゃくえ)というエネルギーの通り道といわれているツボを刺激しつつ、腹筋と背筋を伸ばしましょう。

船のポーズ

1.  仰向けに寝る。
  2.  両手を肩の前に伸ばして、両脚を床から浮かせて10秒間キープ。

産後ゆるんだ腹筋や子宮を支えていた筋肉を強化するポーズです。

ゆりかごのポーズ

1.  うつぶせに寝る。
  2.  両膝を折り曲げ、足の指または足首を両手でつかむ。
  3.  呼吸に合わせてゆりかごのように10回ほど前後に揺らす。

妊娠中に悪くなった姿勢や骨盤のバランスを矯正します。(2)のポーズを鏡でチェックして、左右の足の高さが同じになるようにしましょう。

構成・文・ヨガ指導/宇山恵子

前のコラムへ
   
この記事に関連する診療科目
病院を探すときは以下の科目を選択してください。
 産婦人科 産科 婦人科
この記事の関連コンテンツ
症状チェック  不妊かも?度チェック
「妊娠・出産に役立つコラム」トップへもどる
ページの先頭へ
子宮まわりの筋肉を強化するヨガ。骨盤のバランスを正しくするヨガ