妊娠の兆候・症状、妊娠初期から出産までに知っておきたいこと。
「妊娠・出産」のここカラダ〜はじめての妊娠でも大丈夫。出産までに知っておきたいことAtoZ
 

妊娠・出産Q&A

妊娠と病気・健康

質問 妊娠前から悪かった歯が急に痛みだしました。妊娠中でも歯の治療を受けたほうがよいでしょうか?

お答えします

安定期に入れば麻酔薬や鎮痛薬も問題なく使用できます

妊娠中はむし歯や歯肉炎にかかりやすくなりますが、どうしても治療がおくれてしまうようです。妊娠中いつ歯の治療をしてもかまいませんが、とくに安定期に入れば、麻酔薬、鎮痛薬もまず問題ありませんし、抗生物質もセフェム系、ペニシリン系を中心に妊娠中にも使用可能です。妊娠後期になると治療の姿勢が苦しくなりますし、分娩後は忙しくなりますので、妊娠中期までに治療は終了したほうがよいでしょう。ほうっておいてひどい状態にしてしまうと、かえって治療が長くかかったり薬をたくさん使うことになるので、早めに治療するほうがよいでしょう。
本来であれば、妊娠前にむし歯の治療をすませておいたほうがよかったですね。むし歯は悪くなることはあっても自然に治ることはありません。また軽いうちであれば治療も短期間で簡単にすみますし、痛みもないはずです。妊娠前であれば胎児への影響を心配することなくいつでも治療が受けられたのですから。

横浜市立大学医学部産婦人科客員教授
(財)神奈川県労働衛生福祉協会理事・婦人科部長
住吉好雄
(出典:保健同人社「パパ・ママのための育児Q&A1500」)
この記事に関連する診療科目
病院を探すときは以下の科目を選択してください。
 産婦人科 産科 婦人科
この記事の関連コンテンツ
症状チェック  不妊かも?度チェック
 
「妊娠・出産Q&A」トップへもどる
ページの先頭へ
妊娠前から悪かった歯が急に痛みだしました。妊娠中でも歯の治療を受けたほうがよいでしょうか?